STAFF PROFILE

AUTHOR&BOOKS

[原作]北川恵海

大阪府吹田市生まれ。『ちょっと今から仕事やめてくる』で第21回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞しデビュー。珈琲と紅茶、甘いものとTVと音楽をこよなく愛する。

メディアワークス文庫
『ちょっと今から仕事やめてくる』
著者/北川恵海
定価(本体530円+税)
MFコミックス フラッパーシリーズ
『ちょっと今から仕事やめてくる』
著者/鈴木有布子  原作/北川恵海
定価(本体650円+税)
2017年4月22日(土)発売
左:メディアワークス文庫
『ヒーローズ(株)!!!』
著者/北川恵海  定価(本体570円+税)

右:メディアワークス文庫
『続・ヒーローズ(株)!!!』
著者/北川恵海  定価(本体650円+税)
発売日/2017年4月25日

※すべて株式会社KADOKAWAより発行

Director&SCREENPLAY

[監督・脚本]成島出

1961年4月16日生まれ、山梨県出身。
大学の映画サークルで監督を務めた『みどりの女』でぴあフィルムフェスティバルに入選。以後、助監督として相米慎二監督、平山秀幸監督らに師事。1994年には『大阪極道戦争しのいだれ』で脚本家デビュー。以来多数のヒット作の脚本を手掛ける。初監督作品『油断大敵』にて第23回藤本賞新人賞、第26回ヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。翌年、『フライ,ダディ,フライ』で第20回高崎映画祭若手監督グランプリ受賞。2012年には『八日目の蟬』で第35回日本アカデミー賞最優秀監督賞、第62回芸術選奨文部科学大臣賞映画部門を受賞した。2015年『ふしぎな岬の物語』では第38回日本アカデミー賞優秀監督賞、第38回モントリオール世界映画祭審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞を受賞している。

主な監督作品
『油断大敵』(2004年1月17日公開)
『フライ, ダディ, フライ』 (2005年7月9日公開)
『ミッドナイト イーグル』 (2007年11月23日公開)
『ラブファイト』 (2008年11月15日公開)
『孤高のメス』 (2010年6月5日公開)
『八日目の蟬』(2011年4月29日公開)
『聯合艦隊司令長官 山本五十六
  -太平洋戦争70年目の真実-』(2011年12月23日公開)
『草原の椅子』(2013年2月23日公開)※脚本
『ふしぎな岬の物語』(2014年10月11日公開)
   ※吉永小百合との共同プロデュース
『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
  (2015年3月7日 / 4月11日連続公開)
主な脚本作品
『大阪極道戦争 しのいだれ』(1994年6月13日公開)
『シャブ極道』(1996年5月25日公開)
『恋極道』(1997年9月6日公開)
『風を見た少年 The Boy Who Saw The Wind』
 (2000年7月22日公開)※脚色
『少女〜an adolescent』(2001年9月29日公開)※脚色
『笑う蛙』(2002年7月6日公開)※脚色
『T.R.Y.』(2003年1月11日公開)※脚色
『新 仁義なき戦い 謀殺』(2003年2月15日公開)
『るにん』(2006年1月14日公開)
『日本沈没』(2006年7月15日公開)
『築地魚河岸三代目』(2008年6月7日公開)
『クライマーズ・ハイ』(2008年7月5日公開)
『脳男』(2013年2月9日公開)

©2017映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会